平成27年度 那覇市立病院 病院指標|地域医療支援病院|地方独立行政法人 那覇市立病院|沖縄県

平成27年度 那覇市立病院 病院指標

現在地: ホーム  >  当院について  >  平成27年度 那覇市立病院 病院指標

平成27年度 那覇市立病院 病院指標



病院情報の公表の集計条件について

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)


年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード



年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2324 341 424 762 773 878 1622 1958 1739 515


当院は、24時間365日救急患者さんを受け入れており、特に小児科は常時小児科医が急病センターに配置されています。その為10歳未満の小児科入院患者さんの約半数は急病センターを経由しており、とりわけ感染症や喘息が多い傾向にあります。また60歳以上の高齢者が多いのは、がん拠点病院により5大がんをはじめとする悪性腫瘍患者さんが多いことと、高齢者の肺炎や尿路感染症等の緊急入院が多いことに起因します。


診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード




内科;総合内科







DPCコード DPC名称 患者数 平均

在院日数

(自院)
平均

在院日数

(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080×099×0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 223 13.60 14.34 6.92% 74.01  
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 112 12.96 12.60 5.36% 69.02  
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 92 3.16 3.07 1.09% 68.62  


当院では昨年度の途中で電子カルテに登録する内科の診療科を細分化したため、内科で登録された患者さんが多く残っています。

肺炎、急性気管支炎や腎臓または尿路の感染症の多くは救急受診やクリニックからの紹介で入院してくる患者さんです。比較的高齢な患者さんが多いため、2週間程度の入院になる事が多くなっています。狭心症、慢性虚血性心疾患の患者さんの多くは心臓カテーテル検査目的の入院患者さんです。検査で大きな問題が無ければ3日間ほどで退院します。総合内科は主に高齢の患者さんを多く診ています。高齢者に多い誤嚥性肺炎、敗血症(尿路感染症が原因であることが多い)などが主な疾患です。もちろん急病センターで初期治療を行った若年者のその他の疾患の診療も行っています。施設や療養型の病院からの入院も多く、家族そして多職種と連携して退院調整にあたり、その後の療養がうまく行くように調整を行います。

 




小児科







DPCコード DPC名称 患者数 平均

在院日数

(自院)
平均

在院日数

(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 597 5.19 6.31 1.51% 2.89  
040080×1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 480 5.25 5.72 0.63% 1.39  
140010×199×00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術・処置等2なし 副傷病なし 192 7.36 6.17 2.60% 0.00  


当院の小児疾患は感染症が多く、呼吸器感染症、もしくはそれに誘発された呼吸器疾患が多いのが特徴です。

喘息が第1位である事は、喘息は発作が夜間に多く、当院が24時間小児救急病院であることも関係しています。

 




外科







DPCコード DPC名称 患者数 平均

在院日数

(自院)
平均

在院日数

(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xx0x 虫垂炎 副傷病なし 73 4.16 5.56 1.37% 33.81  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 64 8.38 9.17 6.25% 69.50  
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 58 6.59 7.84 3.45% 63.69  


外科系救急疾患では虫垂炎や腸閉塞が多く、腹腔鏡下手術も増えている為に、在院日数の短縮につながっています。また予定手術で一番多いのが胆石症で、クリニカルパスを駆使して、殆どが腹腔鏡下手術を施行しており、緊急入院の胆石性胆嚢炎に対しても、適応があれば早期の腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。




整形外科







DPCコード DPC名称 患者数 平均

在院日数

(自院)
平均

在院日数

(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 102 33.90 28.70 56.86% 81.25  
070343xx97×0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術・処置等2なし 52 17.69 18.44 7.69% 69.63  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 副傷病なし 49 22.59 21.52 57.14% 78.43  


当院は、24時間365日の救急指定病院の為、外傷疾患が多く、なかでも一番多いのが、高齢者の股関節大腿近位骨折です。合併症が無ければ、クリニカルパスを利用して、受傷後1週間以内の早期手術と術後早期のリハビリテーションをおこなっております。

次に多いのが、腰部脊椎管狭窄症・椎間板ヘルニアや頚椎症性脊髄症で、これらは地域医療支援病院による近隣のクリニックからの紹介が多く、同じく早期手術と早期リハビリテーションを行っています。



胸椎や腰椎の骨折は大半が手術では無く、疼痛緩和を主体とした保存的加療を行っております。

 




脳神経外科







DPCコード DPC名称 患者数 平均

在院日数

(自院)
平均

在院日数

(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 96 15.73 18.08 26.04% 71.31  
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 35 2.00 3.15 0.00% 54.94  
010040×099×00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 16.39 19.32 41.94% 66.26  


脳卒中は突然発症する脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の総称で、当院では、「脳卒中センター」でその対応に当たっています。軽症から重症のいずれの場合でも早期から脳卒中センター医が診療を行うことで、時間との勝負である脳梗塞に対するtPA投与やカテーテルによる血栓回収療法といった超早期治療、或いは出血性疾患に対する緊急開頭術などの適応判断と実施を行い、奏効しています。またその後のリハビリテーション等で症状の軽減を図る治療にも円滑に移行することができ、地域の病院との連携を図って回復期から維持期医療への橋渡しも行っております。




産婦人科







DPCコード DPC名称 患者数 平均

在院日数

(自院)
平均

在院日数

(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 84 8.70 9.94 0.00% 33.46  
120230xx02xxxx 子宮の非炎症性障害 47 1.09 2.48 0.00% 55.04  
120170xx99×0xx 早産、切迫早産 手術・処置等2なし 47 21.74 20.87 10.64% 30.87  


当院では地域周産期センターとしての役割の元に多胎や切迫早産などの管理を多く行っており、場合によっては帝王切開術を要することも多い状況です。不正性器出血精査目的の入院も多く、精査の結果によっては子宮体部悪性腫瘍手術を要する症例も見られます。また子宮頚部上皮内腫瘍に対する円錐切除術も行っております。




眼科







DPCコード DPC名称 患者数 平均

在院日数

(自院)
平均

在院日数

(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020250xx97xxxx 結膜の障害 3.20  
020340xx99xxxx 虹彩毛様体炎、虹彩・毛様体の障害 12.64  
020130xxxxxxxx 原田病 16.78  


診断群分類上の上位3位は結膜の障害(翼状片手術を要する方)、虹彩毛様体炎、虹彩・毛様体の障害(前房、虹彩内異物除去術を要する方)、原田病の順となっています。

また、当院では短期滞在手術基本料3(DPCによる算定方式ではなく4泊5日までの短期滞在手術等を包括請求方式)を導入しており対象疾患である白内障に対する手術(水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合))を多く施行しています。集計方法の性格上(DPCコードでの集計)このページには表示されていませんが、「診療科別主要手術別患者数等」のページに詳細を掲載していますのでご参照下さい。

 




耳鼻咽喉科







DPCコード DPC名称 患者数 平均

在院日数

(自院)
平均

在院日数

(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 39 5.67 5.53 0.00% 31.74  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 15 4.93 5.31 0.00% 61.80  
030240xx97xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 12 12.25 9.08 0.00% 25.75  


当院耳鼻咽喉科医は1名体制です。24時間急病センターも併設されている関係から急性期の咽喉頭の炎症疾患が主として多く、保存的療法または手術療法を併用して症状改善して退院していくのが特徴といえます。また中年、老年にかけてめまい、悪心、嘔吐を主訴する入院患者さんが多く認められます。ほとんどが抗めまい製剤、補液等にて症状が改善して退院しています。




皮膚科







DPCコード DPC名称 患者数 平均

在院日数

(自院)
平均

在院日数

(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 49 11.02 11.97 0.00% 58.86  
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 23 7.65 8.97 4.35% 69.04  
080011xx970×0x 急性膿皮症 手術・処置等1なし 副傷病なし 15 11.47 17.84 0.00% 61.47  


皮膚科は皮膚症状を有する疾患を全般的に診療する科です。深在性皮膚感染症、表在性皮膚感染症が多く、そのうち細菌性のものが最も多く、次いでウイルス性が多くなります。治療は安静と病変部の保護がメインとなり、治療内容も他施設と共通することが多く平均的な在院日数となっています。




泌尿器科







DPCコード DPC名称 患者数 平均

在院日数

(自院)
平均

在院日数

(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 61 6.92 8.02 0.00% 72.21  
110420xx97xx0x 水腎症(その他) 副傷病なし 40 4.15 5.49 7.50% 73.18  
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 40 13.20 12.60 5.00% 70.13  


泌尿器科は現在、専門医2名および非常勤医で診療を行っております。泌尿器科疾患として排尿障害(前立腺肥大症、過活動膀胱)から腎がん、前立腺がん、尿路上皮がんなど手術療法を中心に、化学療法を含めガイドラインに基づいた治療を行っております。




呼吸器内科







DPCコード DPC名称 患者数 平均

在院日数

(自院)
平均

在院日数

(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080×099×0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 78 13.24 14.34 6.41% 73.08  
040081xx99×00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 24.50 21.69 10.71% 81.54  
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 3.19 3.29 0.00% 70.25  


呼吸器内科は、肺炎や胸膜炎、喘息発作などの急性呼吸器疾患などへの治療、および慢性閉塞性肺疾患(COPD)や間質性肺炎、肺癌などの慢性呼吸器疾患などの治療と並行して、肺異常陰影や、難治性咳嗽や呼吸困難などのため紹介された呼吸器疾患への精査等、幅広く呼吸器疾患の治療に従事しています。また、老人保健施設等の入所者の受診も多く、高齢者の誤嚥性肺炎を含め、加齢に伴う多様な合併疾患のある患者さんも受け入れており、平均年齢は70~80歳となっています。




循環器内科







DPCコード DPC名称 患者数 平均

在院日数

(自院)
平均

在院日数

(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 71 3.21 3.07 0.00% 67.92  
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 44 5.34 4.87 0.00% 71.00  
050070xx01×0xx 頻脈性不整脈 手術・処置等2なし 33 5.73 5.68 0.00% 63.24  


循環器内科では心疾患の患者さんを主に担当しています。胸痛発作や心不全で来院された患者さんの精密検査として心臓カテーテル検査を受けられる患者さんが最も多く、狭心症や心不全に伴う冠動脈狭窄に対して経皮的冠動脈形成術を受けられる患者さんが2番目に多い状況です。 心房細動などの頻脈性不整脈に対するアブレーション治療(経皮的カテーテル心筋焼灼術)のための入院患者さんが続いて3番目になっています。




腎臓内科







DPCコード DPC名称 患者数 平均

在院日数

(自院)
平均

在院日数

(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99×0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術・処置等2なし 12 15.08 18.15 0.00% 41.33  
180010×0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 18.99  
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 10.28  


当科は腎機能低下、透析や免疫抑制状態の方が多いため、多臓器にまたがる症状を呈する患者が多くなっています。特に免疫抑制剤投与下での敗血症が多いのも特徴です。腎機能低下や薬剤投与による低Na血症、高K血症,肺水腫などの紹介入院もよく見られます。




血液内科







DPCコード DPC名称 患者数 平均

在院日数

(自院)
平均

在院日数

(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130060xx97×40x 骨髄異形成症候群 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 10 11.90 23.04 0.00% 77.00  
130020xx99×3xx ホジキン病 手術・処置等2-3あり 17.08  
130030xx99×40x 非ホジキンリンパ腫 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 17.69  


血液内科では悪性リンパ腫・白血病などの血液悪性腫瘍や骨髄異形成症候群などの難治性貧血疾患の患者さんが多く入院します。上記の骨髄異形成症候群は、定期的な輸血が必要な状態で化学療法を行っている患者さんです。ホジキン病と非ホジキンリンパ腫は悪性リンパ腫の中の分類病名です。ホジキン病は比較的若い患者さんが多いため、初回化学療法で入院し、副作用が軽度であれば早めに退院し、外来化学療法又は短期入院治療に変更して化学療法を継続するため、入院期間は短くなります。非ホジキンリンパ腫は高齢者が多いため、副作用や体調維持が難しい場合に長期入院となってしまいます。又、離島から入院された患者さんはこまめな外来通院が難しく、入院治療を継続する事が増えてしまいます。




消化器内科







DPCコード DPC名称 患者数 平均

在院日数

(自院)
平均

在院日数

(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03×00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 11.79 10.93 0.00% 69.32  
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 6.30 7.38 4.35% 55.17  
060100xx02xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 21 4.24 7.53 0.00% 69.38  


消化器内科は消化管と肝臓、胆嚢、胆管、膵臓疾患の患者さんを主に担当しています。内視鏡などで胆石除去を行う事も多い胆石、胆管炎の患者さんが最も多く、消化管出血や小腸大腸の炎症性疾患などが続きます。平均在院日数は全国平均とほぼ同じか短くなっており、速やかな診断と治療が行われています。




糖尿病内科







DPCコード DPC名称 患者数 平均

在院日数

(自院)
平均

在院日数

(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 30 14.03 15.35 0.00% 63.13  
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 6.15 6.55 0.00% 58.08  
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 12.60  


2型糖尿病患者さんの教育、治療入院が多く、手術前の血糖コントロール目的の入院も増えています。

画像検査の進歩で偶発的に副腎腫瘍が発見されることが多くなり、副腎腫瘍の精査目的で入院される患者さんの数も多くなっています。

 


初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード







  初発 再発 病期分類

基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 44 35 1:UICC TNM分類 第7版
大腸癌 31 16 40 24 28 1:UICC TNM分類 第7版
乳癌 38 19 21 13 1:UICC TNM分類 第7版
肺癌 22 72 13 1:UICC TNM分類 第7版
肝癌 31 1:UICC TNM分類 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約



現在日本でもっとも罹患率の高い5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんを、初発の UICC 病期分類別(Stage)、および再発に分けて集計しています。がんの症例数、病期分類別(Stage)を調べることでその病院がどの程度がん治療を行っているか、またがん診療の幅広さを知ることが出来ます。

患者数では、大腸がんがもっとも多く、次いで肺がん、乳がんとなっています。当院は消化器内科の「早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術」の専門医がおり、消化器がんの早期診断、早期治療に積極的に取り組んでいます。また、手術、抗がん剤治療、放射線治療など、患者さんに合わせた集学的治療も実地しています。

 


成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード









  患者数 平均

在院日数
平均年齢
重症度 0 39 10.72 50.59
重症度 1 107 15.47 75.32
重症度 2 92 19.88 81.98
重症度 3 37 27.78 82.73
重症度 4
重症度 5
不明


市中肺炎とは、傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎で、インフルエンザ等、ウイルス性肺炎、誤嚥性肺炎は除外。また、市中肺炎であるので入院後発症の肺炎、一般病棟外からの転入、他院からの転院も除外となります。軽症の場合は外来治療が基本ですが、患者さんの状態によっては入院しての加療となります。重症度1以上の患者さんが多くなっている原因としては、男性は70歳以上、女性は75歳以上に該当すると評価項目の1つにあげられるため、高齢化による影響で中等症になりやすくなる状況にあります。また、平均年齢は重症度があがるにつれて高くなり、在院日数も延びています。治療は、急性呼吸不全の管理、点滴薬剤投与が中心です。病態に応じ最新の医療機器(人工呼吸器、NPPV、ネーザル・ハイフロー等)を積極的に活用し呼吸管理を行っています。


脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード









ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内        
その他        
I63$ 脳梗塞 3日以内 163 21.24 73.19 22.98%
その他 21 32.29 77.00 2.55%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 15 6.60 71.80 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内        
その他 15 7.73 25.60 0.00%
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他


脳梗塞を含めた虚血性脳血管障害は、麻痺や言葉の障害など生活そのものに大きな影響を与える障害を残します。発症した際、なるべく早期に的確な診断と血行再建などの急性期治療を行い、残る障害をなるべく軽くするようにしているのと同時に、残った障害に対しては早期からリハビリテーションを行い、能力改善を図っています。

当科では、発症直前で見つかった場合や軽症の場合に、発症・再発防止のための治療として十分な検討の元にバイパス術や血管内手術での血行再建を積極的に取り込んで効果を得ています。その一貫で、若年者に多いもやもや病の診療にも力を入れています。


診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード




内科;総合内科







Kコード 名称 患者数 平均

術前日数
平均

術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 54 6.04 9.41 1.96% 76.13  
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 35 1.25 2.27 0.00% 66.91  
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 29 0.72 2.41 0.00% 62.79  


当院では昨年度途中の電子カルテ更新時に内科の診療科細分化を行ったため、一部の患者さんは内科の登録となっています。経皮的冠動脈ステント留置術は循環器内科で行う狭心症・虚血性心疾患の患者さんに対して行う手術です。内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術は、切除後の出血等の状態によって2~3日入院して頂くことがあります。早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術は早期の大腸がんに対して、早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(ESD)は早期の胃がんに対し内視鏡的に行う手術です。消化器内科で行っています。総合内科の入院患者さんは高齢者が多いため、手術が必要な患者さんは多くありません。しかし高齢者であるがゆえに経過中に様々な疾患を併発することがあり、それらに対する迅速な対応が必要になることもあります。また誤嚥性肺炎の患者さんは、言語聴覚士とともに嚥下の評価と訓練を行いますが、それでも嚥下が難しいと判断された場合は、家族と相談して胃瘻を作ることもあります。




小児科







Kコード 名称 患者数 平均

術前日数
平均

術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 15 0.00 147.29 57.15% 0.00  
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 15 0.00 32.07 6.67% 0.00  
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの 12 0.08 2.08 0.00% 1.33  


当院はNICUを開設しており、産科とのスムーズな連携により新生児仮死の患者さんの救命に力をいれています。腸重積症の治療は非観血的整復術が第一選択であり、それにて整復できない場合に外科的(観血的)整復術が必要となります。当院ではどちらにも対応できる環境を整えているので患者数が多い理由と考えられます。




外科







Kコード 名称 患者数 平均

術前日数
平均

術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 123 1.22 1.33 0.00% 23.10  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 111 1.24 4.44 1.80% 61.67  
K7181 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 54 0.60 3.97 1.92% 49.75  


予定手術では、鼠径ヘルニアと胆石症が多く、胆石症の殆どと鼠径ヘルニアの約半数が腹腔鏡下手術を行っています。両疾患共パスを適応しており、在院日数の軽減につながっています。緊急手術で一番多いのが、合併症のない虫垂炎で、麻酔科等の協力もあり、対応が早い為に術後経過も良好で、入院期間の短縮につながっています。




整形外科







Kコード 名称 患者数 平均

術前日数
平均

術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 90 6.44 17.01 14.21% 67.87  
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 69 9.23 36.12 32.83% 80.92  
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 64 4.14 12.86 0.00% 62.61  


地域医療支援病院の為、近隣のクリニックからの紹介が多い腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニアや頚椎症性脊髄症を主に治療しています。椎弓形成術は顕微鏡下で行っており、必要に応じて固定術を追加する場合もありますが、経皮的スクリューを用いた低侵襲の固定術が多くなっています。クリニカルパスを利用して、在院日数の軽減に努めています。

地域の中核病院として、上・下肢の全ての骨折の治療を行っており、最新の手術法も積極的に取り入れています。上肢と足関節以下の骨折は、超音波下での伝達麻酔を積極的に導入し、患者さんの希望によっては外来手術も多く行っています。



病態が落ち着いたら、クリニックへ積極的に逆紹介しています。

 




脳神経外科







Kコード 名称 患者数 平均

術前日数
平均

術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 23 0.57 15.87 13.04% 80.48  
K1781 脳血管内手術 1箇所 19 1.46 14.36 14.77% 66.14  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 14 1.33 38.67 28.57% 58.03  


脳血管障害、脳腫瘍、機能的疾患などの多数の手術の中で、当科で実際に行われている手術の中で、最も数の多いのは、脳動脈瘤に対する手術です。このなかにはカテーテルを用いて行う血管内治療と、開頭して施行するクリッピングがあり、動脈瘤の部位、形状、全身状態を十分に検討の上、なるべく負担の少ない治療を行っています。上記のように多くの場合動脈瘤は1個のことが多いですが、中には複数個の動脈瘤があり同時に治療する場合、或いはバイパス術との併用で血管遮断を行う場合などもあり、それらを合わせると年間40例以上の手術数となっております。その他、慢性硬膜下血腫は高齢者に比較的多くみられる疾患で、局所麻酔で行い、手術直後から麻痺の改善などがみられます。




産婦人科







Kコード 名称 患者数 平均

術前日数
平均

術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K861 子宮内膜掻爬術 106 0.12 0.46 0.94% 53.88  
K8981 緊急帝王切開術 87 13.10 7.11 0.00% 33.86  
K8982 選択的帝王切開術 82 7.17 7.34 0.00% 34.15  


不正性器出血精査目的の紹介が多いため子宮内膜掻爬術が最も多く、その中には子宮体部悪性腫瘍手術を要する方もおられます。

また地域周産期センターの役割として母体搬送後に入院中の選択的・緊急帝王切開や帝王切開の既往のあるかたの選択的帝王切開術も多数みられます。




眼科







Kコード 名称 患者数 平均

術前日数
平均

術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 278 0.71 1.02 1.80% 73.55  
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの)  
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合  


当院の眼科は眼科一般疾患に対応しており、手術は白内障手術が280件(1位、3位)、翼状片手術(2位)と続きます。当院では2泊3日の入院で手術を行っており、全身麻酔が必要になる患者様にも対応しています。




耳鼻咽喉科







Kコード 名称 患者数 平均

術前日数
平均

術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 30 1.03 10.30 0.00% 21.83  
K318 鼓膜形成手術  
K368 扁桃周囲膿瘍切開術  


当院の耳鼻咽喉は1名体制でその手術における疾患も近隣の病院からの紹介で少人数にて実施可能の疾患が多いのが特徴といえます。小児及び成人の睡眠時無呼吸に影響する扁桃肥大、扁桃炎の反復によるいわゆる習慣性扁桃炎の根治目的での手術が多いといえます。また鼓膜穿孔性の中耳炎に対して鼓膜形成術を実施しています。扁桃周囲膿瘍は扁桃の周囲に膿瘍を形成し、増悪する場合は呼吸障害を起こすため、その前に切開排膿術を実施しているのが実情です。




皮膚科







Kコード 名称 患者数 平均

術前日数
平均

術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)  
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上)  
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満  


当科は局所麻酔下手術を中心にしており、そのうち皮膚がんの切除が最も多く、次いで粉瘤などの皮膚皮下良性腫瘍の摘出となります。局所麻酔での手術のため在院日数は1週間以内になっています。




泌尿器科







Kコード 名称 患者数 平均

術前日数
平均

術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 80 1.57 8.73 16.45% 71.98  
K8036 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 56 1.32 6.64 0.00% 80.26  
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 28 5.56 10.64 2.00% 69.38  


当院はがん拠点病院の為、早期の腎がんや腎盂・尿管がんが多く、手術はより傷が小さく負担の少ない腹腔鏡下手術による治療を行っております。経尿道的尿管ステント留置術は、消化器や婦人科の進行がん及び後腹膜悪性リンパ腫等によって尿管狭窄を来した患者さんへの対症療法として施行する場合が多く、クリニックからの紹介の多い尿管結石に対しては、レーザーによる経尿道的尿管結石除去術を行っています。

地域の中核病院としてより質の高い医療を提供し、地域医療に貢献したいと思っています。

 




呼吸器内科







Kコード 名称 患者数 平均

術前日数
平均

術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)  
K386 気管切開術  
K488-4 胸腔鏡下試験切除術  


超高齢化時代の到来に伴い、当院はかなり広域の老人保健施設から患者さんの受け入れを求められております。従いまして、高齢者の誤嚥性肺炎を含め、加齢に伴う多様な合併疾患への対応も必要となり、病態に応じては、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士等による呼吸器リハビリテーションや嚥下機能訓練も併せて行っています。しかし経管栄養や人工呼吸器管理が長期化すれば、胃瘻造設術や気管切開術を施行せざるを得ない症例もあります。呼吸器疾患の診断確定の為に、局所麻酔下での胸腔鏡下試験切除術を行う場合もあります。

急性期の救急治療のみでなく、安定期の慢性維持管理などにも関与をせざるを得なく、地域の開業医の先生方を含め、様々な医療従事者の方々との密な連携を図ることにより、地域医療への貢献を心がけています。

 




循環器内科







Kコード 名称 患者数 平均

術前日数
平均

術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 48 8.95 6.69 4.35% 68.88  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 20 0.04 11.94 0.00% 68.75  
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 19 1.32 2.21 0.00% 61.05  


当院には急病センターが設置されており急性期の心血管疾患に24時間対応しています。このため狭心症・不安定狭心症・急性心筋梗塞での経皮的冠動脈形成術が当科の主要手術の上位1・2位となっています。次いで多いのが心房細動や頻脈性不整脈に対してのアブレーション治療(経皮的カテーテル心筋焼灼術)となっています。




腎臓内科







Kコード 名称 患者数 平均

術前日数
平均

術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術  


末期腎不全、透析患者を多く診療しており、血液透析導入のための内シャント術施行例を多く担当します。寝たきり状態で腎機能障害を有している高齢者の紹介もあり、多くは脳卒中後遺症などによる嚥下機能低下を伴っています。転院先の施設の事情もあり胃瘻造設患者が多くなっています。透析患者診療をしているため、他院より経皮的シャント拡張術や血栓除去術を要するシャント不全患者の紹介が増えています。




血液内科







Kコード 名称 患者数 平均

術前日数
平均

術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術  
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満)  


植え込み型カテーテル設置は、悪性リンパ腫の患者さんで抗悪性腫瘍剤の投与を繰り返し行う必要がある患者さんに対して、点滴時のライン確保がスムーズに行える様に行う処置(手術)です。リンパ節摘出術は悪性リンパ腫が疑われた時に診断目的で行うリンパ節生検です。通常は外来で行いますが、全身状態不良で入院した時に生検が必要と判断された場合には入院中に行っています。後腹膜の悪性リンパ腫により尿管閉塞が生じた場合は対処療法として経尿道的尿管ステント留置術を行います。




消化器内科







Kコード 名称 患者数 平均

術前日数
平均

術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 33 0.38 1.15 0.00% 66.97  
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 25 0.88 2.36 0.00% 67.52  
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 25 2.87 8.98 2.08% 68.99  


大腸ポリープの患者さんに行われる内視鏡的切除術が最も多く、早期大腸がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術が続きます。大腸がんは検診の有用性が証明されており、早期発見すれば、内視鏡治療による根治が期待できます。胆管結石の患者さんに行う内視鏡的乳頭切開術も多く行われています。現在は内視鏡的治療が進歩しているので、開腹しないで、内視鏡的に消化管腫瘍の摘出や胆管結石の除去を行うことが多くなってきました。消化器内科が内視鏡治療を積極的に行っている事がわかります。




糖尿病内科







Kコード 名称 患者数 平均

術前日数
平均

術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術  
K7182 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの  


糖尿病患者さんに虚血性心疾患、胆石症が合併したこと、およびたまたま虫垂炎合併したことによる手術例がみられます。


その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード






DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一    
異なる 11 0.10%
180010 敗血症 同一 94 0.83%
異なる 126 1.11%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 49 0.43%
異なる 10 0.09%


播種性血管内凝固症候群は血液の過凝固状態から出血を起こしやすくなる疾患で、重症感染症やがんの悪化時に起こしやすくなります。敗血症は肺炎等の細菌感染症が重症化して、細菌が血管内に侵入し全身に広がる重症感染症です。入院契機と同一の患者さんは、入院時に既に敗血症を起こす様な重症な状態になっていた患者さんで、入院契機と異なる患者さんは、入院後に敗血症を起こす様な状態に悪化した患者さんです。抗がん剤治療後の感染症では敗血症を起こしやすくなります。その他の真菌感染症は免疫抑制状態の患者さんが感染する可能性のある希な種類の真菌感染症の事です。手術、処置の合併症で多いのは、早期では、術後再出血や創感染等です。また晩期(退院した後)に多いのが、腹部手術等では腸閉塞等があります。再入院して保存的に経過を診る場合が多いですが、再手術を行わなければいけない場合もあります。


更新履歴










2016/09/26 平成27年度 病院指標を公表